美白ケアや日焼け止めをしているのに、効果を実感できないと感じる人必見!
「ケアしているのに肌がくすむ」それはなぜ?

美白ケアや日焼け止めをしているのに肌がくすむのはなぜ?の記事画像

日々の美白ケアを入念にしているものの、なぜか効果を感じられないと思っていませんか?
実は、お手入れの方法の違いに差がありました。

\ しているつもりの残念美白 /
こんなお手入れしていませんか?

  • 夏のスキンケアは暑さのせいでつい手抜き
  • 夏のベタつきが嫌なので化粧品の使用量は少なめ
  • 日焼け止めは外出するときだけ、または塗り直しをしていない
  • 気になるシミのケアだけは念入り

「しているのに効果がイマイチ」と感じている人のほとんどが、夏の時季に手抜きのお手入れをしがち。また、十分な使用量や基本ケアをおざなりにしてしまっています。

「しているつもりケア」から「結果を出すケア」に変えて透明感のある美白肌に

紫外線が強く降り注ぐ夏は、乾燥やシミといったトラブルが気になる季節。美白ケアの基本は「メラニンの生成を抑える」、「日焼け止めを塗る」などのお手入れですが、それだけで満足していませんか?「しっかりケアしているのに肌がくすんで見える」と感じる人も少なくありません。その場合は、実はケアが足りていないのです。肌の乾燥によるキメの乱れによる凹凸が「ミクロな影」となって、肌全体をくすんで見せてしまっています。

本格的な夏に入る今だからこそ、普段のお手入れをもう一度見直す絶好の時季。正しいお手入れで、夏の乾燥やキメの乱れなど、紫外線ダメージをケアしながら、つるんとなめらかな透明美白の肌を目指しましょう。

これが美白ケアしてるのに、効果が実感できない原因!

毛穴影

美白ケアや日焼け止めをしているのに肌がくすむのはなぜ?の記事画像

美白ケアや日焼け止めをしているのに肌がくすむのはなぜ?の記事画像

写真は開いた毛穴(左)と流れた毛穴(右)。開き毛穴は酸化からくすみにつながり、流れた毛穴は徐々に連なり影となります。


肌のザラつき影

美白ケアや日焼け止めをしているのに肌がくすむのはなぜ?の記事画像

乾燥による肌のザラつき影は広範囲に広がります。ハリやつやがないので老けた印象に。


影ライン

美白ケアや日焼け止めをしているのに肌がくすむのはなぜ?の記事画像

美白ケアや日焼け止めをしているのに肌がくすむのはなぜ?の記事画像

マリオネットライン(左)、ほうれい線(右)による影のこと。この線による影が肌をくすみ老け見えさせます。

目指すのはつるんとした透明美肌

美白ケアや日焼け止めをしているのに肌がくすむのはなぜ?の記事画像

夏は暑いからといってつい保湿がおざなりになりがち。ローションやゲルなどの保湿アイテムの使用量を減らすのは絶対にNGです。適量以上使わなければ、思うような結果はでません。紫外線ダメージは乾燥となって表れるので、物足りないと感じたら重ねづけするなど多めに使うのもおすすめです。

また、「ミクロな影」の原因となり、肌のくすみを進行させてしまうのが毛穴。それを対処し、肌を引き締めてくれるのがビタミンC。ただし、ビタミンCといってもさまざまな種類があるため、何を使うかが重要。角層のすみずみに届くビタミンC を選ぶようにしましょう。おすすめは浸透※2ビタミンC(APPS)。一段となめらかで透明感あふれる美肌を手に入れましょう。

※1 肌のキメが乱れ影ができること ※2 角層まで
* パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na(整肌成分)

肌のキメを整えて、つるんとなめらかな澄んだ肌へ

つるんと光を反射させる滑らか肌にはビタミンCを積極的に与えるケアがおすすめです。
ポイントは、浸透※1ビタミンC(APPS)を高配合している「VC100エッセンスローションEX」をたっぷりと使うこと。
さらに温感※2クレンジングゲルで毛穴の汚れをしっかり落として、保湿ゲル「BIHAKUスペシャル」をたっぷりとつけましょう。

「ビタミンCをたっぷり使い」が正解

Step1|メイクや古い角質を落とす
VC100ホットピールクレンジングゲルEX

美白ケアや日焼け止めをしているのに肌がくすむのはなぜ?の記事画像
クレンジング剤が毛穴にしっかり入り込むように

下から上へを意識しながらクルクルと手を動かしましょう。温感※2を感じるまでしっかり肌になじませて、汚れをしっかり落とします。

VC100ホットピール
クレンジングゲルEX
ドクターシーラボ公式オンラインショップで購入

Step2|肌を引き締める
VC100エッセンスローションEX

美白ケアや日焼け止めをしているのに肌がくすむのはなぜ?の記事画像
手が肌に吸いつくくらいまでローションはたっぷり塗る

ハンドプレスをしながらしっかり浸透※1させます。何度か重ねづけをし、肌に吸い付くのを感じてくるまで行いましょう。

VC100エッセンスローションEX
ドクターシーラボ公式オンラインショップで購入
ローションは朝晩ともにたっぷりの量を使いましょう
美白ケアや日焼け止めをしているのに肌がくすむのはなぜ?の記事画像

【朝】たっぷり重ねづけ
500円玉硬貨大を手に取り、顔全体になじませます。1回に出す量が多く感じたら、数回に分けてつけましょう。

美白ケアや日焼け止めをしているのに肌がくすむのはなぜ?の記事画像

【夜】うるおいをチャージ
「VC100エッセンスローションEX」を浸したローションマスクを顔全体に貼り、美容液をじっくりと浸透※1させます。


Step3|特濃保湿
アクアコラーゲンゲルBIHAKUスペシャル

美白ケアや日焼け止めをしているのに肌がくすむのはなぜ?の記事画像
量を減らすのはNG!しっかりうるおいを与えて

適量(朝はパール2粒位、夜はさくらんぼ1粒位)を手にとって、顔全体に。両手で顔を包み込みながら浸透※1させましょう。

アクアコラーゲンゲル
BIHAKUスペシャル
ドクターシーラボ公式オンラインショップで購入
紫外線を浴びた日や乾燥が気になる時はゲルパック
美白ケアや日焼け止めをしているのに肌がくすむのはなぜ?の記事画像

洗顔後すぐにゲルを厚めに塗ってパック。その後一度洗い流してからいつものお手入れをしましょう。

\ おすすめ商品はこちら!/

フォトホワイトC
薬用ホワイトニングローションEX
ドクターシーラボ公式オンラインショップで購入
薬用アクアコラーゲンゲル
美白EX
ドクターシーラボ公式オンラインショップで購入
スーパーホワイト
377VCスティック
ドクターシーラボ公式オンラインショップで購入
フォトホワイトC
薬用ホワイトニングマスク
ドクターシーラボ公式オンラインショップで購入
スーパーホワイト377VC
ドクターシーラボ公式オンラインショップで購入
SUPER100 SERIES EGF
ドクターシーラボ公式オンラインショップで購入
※1 角層まで ※2 マッサージ効果による
* パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na(整肌成分)

紫外線から肌を守って
うるおいツヤ美肌へ

外出しなくても
\ 日焼け止めまでがスキンケア /

「屋内にいるからUVケアはしなくていい」と思っていませんか。実は屋内でも油断は禁物。屋内にいても、曇り空でも紫外線は降り注いでいます。日焼け止めはミルクやゲル、スプレーなどタイプもさまざま、好みや目的に合わせて選びましょう。

〈 日焼け止め、つい忘れがちなポイントはココ! 〉

1. まぶた〜目の周りも塗ってくすみ※1予防

美白ケアや日焼け止めをしているのに肌がくすむのはなぜ?の記事画像

2. 生え際やうなじも塗ってシミ予防※2

美白ケアや日焼け止めをしているのに肌がくすむのはなぜ?の記事画像

3. 境目ができないようにフェイスライン

美白ケアや日焼け止めをしているのに肌がくすむのはなぜ?の記事画像

4. 腕、背中、髪はスプレーでケア

美白ケアや日焼け止めをしているのに肌がくすむのはなぜ?の記事画像
\ おすすめ商品はこちら!/
UV&WHITE
モイスチャーミルク50
ドクターシーラボ公式オンラインショップで購入
UVプロテクトスプレー100
ドクターシーラボ公式オンラインショップで購入
フォトホワイトC
薬用ホワイトニングマスク
ドクターシーラボ公式オンラインショップで購入

\日中もUV対策を!/
塗り直しのタイミングで活用できるのはコレ!

メイクの上からも白浮きせず使える便利なスティックタイプ。汗をかきやすい鼻周りや頬の塗り直しに最適です。ポケットサイズで手軽に持ち運びができるのもポイント。

スティックUV
ドクターシーラボ公式オンラインショップで購入
※1 キメの乱れや乾燥によりくすんで見えること ※2 日焼けによるシミ・ソバカスを防ぐ