今すぐできる! マスク肌あれを予防する4つの対策

今すぐできる! マスク肌あれを予防する4つの対策の記事画像

この夏は「マスク着用」が必須。肌にとって想像以上に過酷な環境です。
放っておくと肌あれや紫外線ダメージ※1などにより年齢サインの進行につながる危険性も。
取り返しがつかなくなる前にしっかりマスクあれ対策をしましょう。

今すぐできる! マスク肌あれを予防する4つの対策の記事画像
ドクターシーラボ研究開発部
我妻 美紀

長年、肌研究をもとにスキンケア商品開発を手掛けてきたプロフェッショナル。

夏のマスクで肌トラブル急増中!

口もと・頬の肌あれやニキビは「マスク肌あれ」を防ぐスキンケアを

長引くマスク生活で、この夏はマスクによる肌トラブルに悩む人が増えています。その原因は3つあります。

一つめはマスクによる摩擦。肌がこすれることで炎症を起こし、肌を守る機能が低下します。すると肌は十分な水分を抱え保つことができなくなるため、外部刺激に対してデリケートな肌状態に傾いてしまうのです。

二つめは呼気がこもることで、マスク内が高温湿潤の蒸れた状態になること。そこに汗や皮脂なども加わり、一層雑菌が繁殖しやすい環境が出来上がり、ニキビや湿疹、肌あれを起こしやすくなります。

最後は乾燥です。マスクを外した直後、蒸れた肌表面の水分が蒸発するときに肌の水分も一緒に失われます。マスクをつけている間は蒸れによって何となく肌がうるおっているように思えても、実際の肌はバランスを崩しやすい不安定な状態になっているのです。

つまり、ただでさえ肌にとって過酷な夏にマスクを着用することで、例年より肌トラブルにつながりやすいのです。しかしながらまだまだマスクを手放せない日々は続きます。そこで、マスクによる肌あれを軽減できる方法を紹介します。


今すぐできる! マスク肌あれを予防する4つの対策

対策 1. マスクを快適に着用する

マスクは擦れにくい素材や形を選ぶ

会話や何気ない動作のなかで肌とマスクの生地が接触します。それが継続して繰り返されることで摩擦ストレスが蓄積し、肌を守る機能が低下。肌あれを防ぐためには、肌当たりの柔らかなガーゼ等を挟み立体的な形状で肌にフィットするマスクやアジャスターで調節できるタイプを選びましょう。肌とマスクの摩擦を軽減させることが大切です。

今すぐできる! マスク肌あれを予防する4つの対策の記事画像

リフレッシュしたいときは清涼感のある化粧水やリップグロスを使うのもおすすめ

スーッと体感温度を下げてひんやりと気持ちよくマスクを着用できます。

\おすすめ商品はこちら/

今すぐできる! マスク肌あれを予防する4つの対策の記事画像
アイスビューティー
スパークリングタッチ ローション
ドクターシーラボ公式オンラインショップで購入

今すぐできる! マスク肌あれを予防する4つの対策の記事画像
リッププランパー
ドクターシーラボ公式オンラインショップで購入

対策 2. しっかり保湿ケアを

摩擦により肌が揺らいでいるため、普段よりも乾燥しています。マスクを着ける前にしっかり保湿ケアを。また汗やムレで洗顔する機会が増えるので、洗った後の保湿ケアを忘れずに。高濃度※4酸素水*2と15種のハーブエキス*3配合の肌あれ対策化粧水で健やかな肌に整えましょう。

\おすすめ商品はこちら/

ハーバルセラムO2
ドクターシーラボ公式オンラインショップで購入

スペシャルケア

特に乾燥が気になるときはコットンパックでうるおいをプラス

今すぐできる! マスク肌あれを予防する4つの対策の記事画像

コットンに化粧水をたっぷり含ませた簡単パック。うるおって肌が整います。

\おすすめ商品はこちら/

パーフェクトコットン
ドクターシーラボ公式オンラインショップで購入

対策 3. 状況に応じてマスクを外す時間を作る

人との距離を保てる場所や車の中など安全な状況ならマスクを外し、着用時間を減らす工夫を。


対策 4. 日焼け対策をしっかり

マスクをしているから日焼け止めは必要ないと思っていませんか。マスクで肌が敏感になっているため、紫外線によるダメージを受けやすくなり肌トラブルのきっかけになります。いつも以上にしっかり日焼け止めを塗りましょう。マスクで擦れると取れやすいのでこまめに塗りなおしてください。マスク擦れを防ぐ意味でも日焼け止めパウダーはおすすめです。

\おすすめ商品はこちら/

密着し、こまめに塗りなおしやすい
パウダータイプが便利

エンリッチリフトUVパウダーEX50
ドクターシーラボ公式オンラインショップで購入
※1 乾燥やキメのみだれなど ※2 ドクターシーラボ調べ(20代~50代までの女性10人に室温26℃、何もしていない状態を撮影後、本剤を右頬に塗布し温度変化を撮影) ※3 炭酸ガス(噴射剤) ※4 原水が持つ酸素量の1100%
*1 整肌成分 *2 酸素・水(保湿成分) *3 ドクダミエキス、カンゾウ葉エキス、ハトムギ種子エキス、ヨモギ葉エキス、アロエベラ葉エキス、シャクヤク根エキス、タチバナ果皮エキス、ノイバラ果実エキス、アシタバ葉/茎エキス、ゲットウ葉エキス、ハマメリス葉エキス、ワレモコウエキス、ヨーロッパシラカバ樹皮エキス、ツバキ種子エキス、テンニンカ果実エキス(整肌成分)