餅入りけんちん酒粕汁

お餅で炭水化物も摂れる、寒い季節に嬉しい汁物

餅入りけんちん酒粕汁の完成イメージ
  • 調理時間
    の目安
    20分
  • 1人分
    239
    kcal
Point

野菜がたっぷり摂れるけんちん汁は、寒い季節に重宝する一品。良質なタンパク源の鶏肉は、適度に脂質を含むもも肉を使用。餅を加えることで炭水化物も摂取でき、理想的な栄養バランスに。発酵食品の酒粕を加えて、新陳代謝もアップ。

材料2人分

  • 2切れ(70g)
  • 鶏もも肉80g
  • にんじん50g
  • 大根100g
  • 油揚げ1/2枚
  • かぼちゃ80g
  • 長ねぎ50g
  • えのき茸50g
  • だし汁(かつお)500cc
  • 酒粕15g
  • みそ大さじ1(18g)
  • みつ葉(トッピング用)適宜

作り方

  1. 餅は食べやすい大きさに切って焼く。
  2. 鶏もも肉はひと口大に切る。にんじんは薄切り、大根はいちょう切り、油揚げは細切りにする。かぼちゃは種を除き、5㎜の厚さに切る。長ねぎは小口切りにし、えのき茸は石突きを取り、小房に分ける。
  3. 鍋にだし汁、2の材料を入れて煮る。柔らかくなったら、酒粕、みそを溶きながら加える。餅を加え、ひと煮立ちさせる。
  4. 器に盛り、みつ葉を添える。
餅入りけんちん酒粕汁の記事画像