梅ラタトゥイユ

トマトと梅干しの酸味が絶妙! 夏野菜たっぷりの一品

梅ラタトゥイユの完成イメージ
  • 調理時間
    の目安
    25分
  • 1人分
    223
    kcal
Point

夏野菜をトマトで煮込んだラタトゥイユは、フランスやイタリアの定番料理で、野菜がたっぷり摂れるのが魅力。酸味の強い梅干しは、トマトとも相性抜群。梅干しのクエン酸で、疲労回復にも。

材料2人分

  • 玉ねぎ1個(200g)
  • なす1本(100g)
  • ズッキーニ1本(150g)
  • 赤パプリカ1個(120g)
  • トマト1個(200g)
  • にんにく1片(10g)
  • オリーブオイル大さじ2(24g)
  • 梅干し(中)2個(可食部20g)
  • ローリエ1枚
  • 適宜
  • こしょう適宜
  • イタリアンパセリ
    (トッピング用)適宜

作り方

  1. 玉ねぎはくし切りにし、なすとズッキーニは、それぞれ1㎝の輪切りにする。赤パプリカは3㎝角に切り、トマトはざく切りにする。にんにくはみじん切りにする。
  2. 鍋にオリーブオイル、にんにくを入れて中火で炒める。香りが出たら、玉ねぎを加え、塩を振り、さらに炒める。なす、ズッキーニ、赤パプリカ、トマトを加えて炒め、種を除いた梅干し、ローリエを加えて蓋をして煮る。蒸気が出たら弱火にし、15分程煮て、塩、こしょうで味を調える。
  3. 器に盛り、イタリアンパセリを添える。