いわしのサフランピラフ

魚の臭みもなく、魚嫌いでもおかわりするほど!

  • 調理時間の目安
    45分
  • 1人分
    373
    kcal

※炊飯時間を除く。

Point

血液の循環をよくするハーブとして古くから親しまれてきたサフラン。これを入れて炊いたサフランライスは、ヨーロッパやインドではポピュラーな米料理です。サフランがいわしの臭みを取り、魚が苦手な人でもおいしく食せます。

材料4人分

いわし水煮(缶)180g(汁ごと)
2合(300g)
ベジブロス350cc
サフランひとつまみ
にんにく1片(10g)
玉ねぎ1/2個(100g)
オリーブオイル適宜
白ワイン30cc
ローリエ1枚
小さじ1
こしょう適宜
フレッシュイタリアンパセリ
(トッピング用)
適宜

作り方

( 1 ) 米は洗って、15分浸水させた後、ざるに上げて水気を切る。
( 2 ) ベジブロスにサフランをひとつまみ加えておく。
( 3 ) にんにく、玉ねぎはそれぞれみじん切りにする。
( 4 ) フライパンにオリーブオイルを入れ、にんにくを炒める。香りが出たら、玉ねぎを加えて炒め、塩(分量外)をふる。
( 5 ) (4)に(1)の米を加えて、米が透明になるまで炒める。
( 6 ) 炊飯器に(5)を入れ、いわしの水煮を汁ごと入れ、(2)のベジブロス、白ワイン、ローリエ、塩、こしょうを加えて炊飯する。炊き上がったらさっくり混ぜる。
( 7 ) 器に盛り、フレッシュイタリアンパセリを添える。

栄養とおいしさが凝縮された魚介缶詰5選