いわし入り和風ラタトゥイユ

みそで味つけしたラタトゥイユは、ご飯のおかずにぴったり

  • 調理時間の目安
    20分
  • 1人分
    456
    kcal

Point

夏野菜をトマトで煮込んだラタトゥイユは、フランスの人気メニュー。いわしと一緒に煮込むことで、タンパク質も摂れてバランスのよいメニューに。発酵食品のみそで味つけすると、いわしの臭みが消えるだけでなく、ご飯にも合います。冷めてもおいしいので、お弁当のおかずにも。

材料2人分

いわし水煮(缶)180g(汁ごと)
玉ねぎ1/2個(100g)
なす1本(100g)
にんじん1/2本(60g)
パプリカ1/4個(30g)
エリンギ2本(100g)
白ゴマ油大さじ2(26g)
適宜
こしょう適宜
青じそ2枚(1g)
黒七味適宜
◆みそソース
  八丁みそ
大さじ1(18g)
  みりん大さじ2(30g)
  料理酒小さじ1(5g)

作り方

( 1 ) 玉ねぎ、なす、にんじん、パプリカ、エリンギは食べやすい大きさに切る。
( 2 ) ボウルにみそソースの材料を入れて混ぜ合わせる。
( 3 ) 鍋に白ゴマ油を入れ、玉ねぎを中火で炒めてしんなりしたら、なす、にんじん、パプリカ、エリンギを加えて炒め、塩、こしょうをふる。
( 4 ) (3)にいわしの水煮を汁ごと加え、(2)のみそソースを加えて蓋をして、10分程蒸し煮する。一度全体を混ぜ合わせ、煮汁がなくなるまで煮る。
( 5 ) 器に盛り、刻んだ青じそを添え、黒七味をかけていただく。
栄養とおいしさが凝縮された魚介缶詰5選