欲しいのは、ほっぺに真珠のようなツヤ!

美しい肌というのは、うるおいに満ち溢れ、弾むようなハリと弾力、透明感がある肌のこと。また、頬の上に輝くパールのようなツヤ感やキメが整ったなめらかな肌も必須条件。そんな肌を目指すためのポイントを美肌を知り尽くした美容セラピストが教えます。

クリニカルサロン
シーズ・ラボ恵比寿店
高村 麻奈美 さん

美容皮膚科医が開発・監修をつとめるメディカルサロン『シーズ・ラボ』のセラピスト。専門的な知識と技術で、女性の美しさを最大限に引き出すと評判。

真珠のようなツヤ肌に必要なのは「たっぷりの保湿」と「コラーゲンを生み出す力を育むこと」

実年齢より若々しく美しい方には特徴があります。それは凹凸がなくなめらかで、頬がツヤにあふれている、まるで真珠のような肌であるということ。難しく聞こえるかもしれませんが、真珠のような肌を作るためには「たっぷりの保湿」と「コラーゲンを生み出す力を育むこと」この2つを押えておけばOKです。

なかでも重要なのが、保湿ケアです。肌にうるおいを与えるためには、まずは毎日のスキンケアで、化粧水をたっぷり使ったお手入れを心がけましょう。しっかり保湿しているつもりでも、使用量が少ないために、肌が乾燥してしまっている方が結構いらっしゃいます。化粧水は規定量を守り、塗るときにハンドプレスをして浸透させつつ、肌がもっちりしたかを確かめてください。足りなければさらに重ねづけをして、なじませてください。手が肌にピタッと吸いつくくらいがうるおい満タンのサイン。さらにしっかり届けるためには、美顔器を使うことも有効です。「導入」機能が備わっていれば、より効果的です。

次に重要なことは「コラーゲンを生み出す力を育むこと」。肌のハリを維持する役割を担っているのは「コラーゲン」ということは広く知られていますが、悲しいことに年齢とともにコラーゲンを生み出す力は低下し、肌内部のコラーゲン量も減少してしまいます。若々しい肌をキープするためには、食事やサプリで日常的にコラーゲンを摂取することはもちろん、肌の内側で自らコラーゲンを「生み出す力」を高める成分を選ぶことがとても大切。コラーゲンの生成を促す、ビタミンC誘導体や、ナイアシンなどの「エイジングケア成分」が配合された化粧品を取り入れるといいでしょう。使い続けることで肌本来の力を育て、健やかな状態に整えてくれます。

ハリとツヤに満ちた真珠のようななめらかな肌を目指すには、こうしたことが「できるか」「できないか」で大きく差がつきます。今一度、毎日のスキンケアを見直して、年齢に負けない若々しい肌をキープしましょう。

\目指せ!真珠のようなツヤ肌/
ローション

手に肌がピタッと吸いつくくらいがうるおい満タンのサイン


手が肌に吸いつくくらいまで化粧水をたっぷり塗る

化粧水を塗るときはハンドプレスをしながら、しっかり浸透させます。肌がもっちりしてきたなと感じるくらいまで重ねづけをしてうるおいを満タンに。

※ 角層まで

\使用した商品はこちら/

VC100エッセンスローションEX
ドクターシーラボ公式オンラインショップで購入
次ページ
真珠のような肌へプラスケア