【婦人科医が教える!】デリケートゾーンにもエイジングケアが必要な理由

スキンケアやヘアケアはしっかりしているのに、デリケートゾーンにはおろそかになっていませんか。実は体の中で最も繊細なエリアと言えるデリケートゾーンこそ、ケアをするべきなのです。その理由や適切なケア方法を産婦人科医の丸田佳奈先生にお伺いしました。

教えてくれたのは…
丸田 佳奈 先生

産婦人科医院で診療にあたり、女性特有の病気の悩みなどに精通している。またテレビや雑誌で医療情報を発信し、著書には『キレイの秘訣は女性ホルモン』(小学館)、『間違いだらけの産活』(学研パブリッシング)などがある。

デリケートゾーンも肌の一部で老化します。

日本の女性は欧米の女性と比べるとデリケートゾーンへの意識が低く、正しいケア方法を知らない方が非常に多いです。

顔や髪、体とアイテムをきちんと使い分けてケアしているのに、デリケートゾーンはボディソープで洗い、保湿ケアをしていない方が多いのではないでしょうか。クリニックでよくご相談いただくお悩みに、かゆみや炎症、ニオイなどがあります。デリケートゾーンのかゆみやひりつきは日常生活に支障をきたすほど不快な症状につながることもあるので深刻なお悩みです。このような悩みは、女性ホルモンの分泌がピークである、20代半ばではなく、実は40代にさしかかると急激に増えてきます。

ではなぜ40〜50代以降の女性はトラブルが増えてくるのでしょうか。デリケートゾーンの肌は角層が薄く、粘膜部分も含まれるためとても敏感。さらに閉経すると、女性ホルモンの低下により膣の壁は薄く弾力がなくなり、おりものの量も減ってより乾燥しやすくなります。すると顔と同じように、肌のバリア機能も低下し、かゆみや炎症を起こしやすくなるのです。もう一つは、下着やパンティライナーなどでの摩擦やムレにより雑菌が繁殖することも炎症・ニオイの原因に。

Check!

あなたのデリケートゾーン
危険度をチェック

きついガードルやストッキングを日常的に履いている

パンティライナーを長時間使っている

化繊の下着を履くことが多い

ビデを使っている

トイレはウォシュレット派

このような方は気づかないうちに
トラブルを招いているケースも!

加齢でより敏感になるデリケートゾーンを健やかに保つために自分でできる対策は2つあります。

一つめはデリケートゾーンを清潔に保つこと。低刺激の弱酸性ソープを使い、膣の外側だけを手を使ってやさしくぬるま湯で洗いましょう。かゆみやニオイが気になるからと洗浄力の高いボディソープでゴシゴシ洗ったり、ウォシュレットのビデを頻繁に使うことは逆効果。市販の膣内用ビデは、膣を守る働きをする常在菌まで洗い流してしまいます。また、パンティライナーやナプキンはこまめに替えましょう。きつい下着やガードルなども要注意です。

二つめは、うるおいを与えること。近年、日本でもデリケートゾーン用の保湿アイテムが増えてきています。中には保湿だけではなく、ニオイ対策として使えるものもあるので、ご自身の肌質や悩みに合わせて選びましょう。

一時的に症状が治まるとお手入れをやめてしまう人が多いですが、デリケートゾーンのお手入れは続けることが大切。放置すると症状が再発する人も多いので、ケアの継続は予防にもなります。これからはデリケートゾーンにも意識を向けていただき、スキンケアやヘアケアのように毎日の習慣にすることでトラブルを未然に防いでください。

健やかさをキープする2つのポイント

1 清潔を保つ

抗菌成分配合の弱酸性ソープで洗う

きつくてムレやすい下着や衣服を避ける

パンティライナーやナプキンはこまめに替える

ウォシュレットは清潔に保ち、洗いすぎに注意する


2 保湿をしっかり

お風呂から上がったらデリケートゾーン用のアイテムで保湿ケアをする

熱いお湯や洗浄力の高いボディソープで洗わない

日中もケアしやすいミストなどを携帯する