【大人の2大悩み】
「たるみ毛穴」「ほうれい線」
をケアするなら今‼︎

教えてくれたのは…
パーソナルフェイストレーナー
木村 祐介 さん

日本で唯一のパーソナルフェイシャルトレーナーとして活躍。運動力学や機能解剖学を基に、美と健康に特化したオリジナルメソッドを考案し話題に。小顔&美顔になれるオリジナルメソッドが評判の「小顔ワークアウト」(ワニブックス)が絶賛発売中。

寒さや乾燥は顔のたるみを加速させます

まだまだ寒さや乾燥が残るこの時季は毛穴のたるみや、ほうれい線が気になりませんか?実は、そこに寒い季節ならではの原因があったのです!

「寒いと奥歯を噛みしめるので、顔がこわばり身体が前に傾く……、そんな無意識の体のクセが顔のたるみを助長してしまうんです」と解説してくれたのは、パーソナルフェイストレーナー 木村祐介さん。

「しかも寒さは血行を悪くし老廃物を運ぶリンパの流れも悪くするので、さらにたるみが加速し、ほうれい線や毛穴が目立つように。また、湿度が低いので肌が乾燥してシワやたるみの原因にもなります。その状態をそのままにしておくともっと悪化させてしまいます。

それを防ぐには、顔の筋肉トレーニングがおすすめです。顔の筋肉は、唇のまわりを囲む口輪筋を中心に、顔全体に放射線状につながっています。だから、顔の体幹である唇を鍛えると効果的です。

寒い時は身体自身が、身体を温めようと脂肪を燃焼するので顔のトレーニングを始めるなら、今の時季がおすすめです」

毎日トレーニングすると思うと大変ですが、「木村式たるみケアメソッド」ならスキンケアの度に唇を意識するだけなので簡単です。続けることが大事なので、ぜひ習慣にしてください。

やらなきゃもったいない!
今、ケアするのが効果的な理由

POINT.1〉

寒さによって身体がこわばり、たるみを助長しているのでトレーニングすれば解消できる

POINT.2〉

トレーニングによって血行が良くなるので肌への栄養が行きわたり効果が高まる!

POINT.3〉

寒い季節は身体自身が身体を温めようとするのでトレーニングすると脂肪が燃焼しやすい!

【唇に意識を集中!】
木村式リフトアップトレーニング

基本のポーズは「唇締め」

まずは、基本ポーズ「唇締め」をマスターしましょう。普段からこの状態を意識してスキンケアを行うことで、常に顔のリフトアップトレーニングをしているのと同じに! 早速今日から始めましょう。

基本のポーズ 3ステップ

〈STEP.1〉

猫背はNG!正しい姿勢でスタート!
胸を斜め45度に上げるような気持ちでしっかり開きます。のどは上へ、ひじは下へ意識しながら姿勢を整え、首とデコルテ部分を引っ張り合うイメージで、首を長く伸ばします。

〈STEP.2〉

「ホ」と発音するときの唇に
カタカナの「ホ」を言うイメージで唇をすぼめます。この時、目尻と唇周辺の筋肉が引っ張り合うのを意識しましょう。普段からこまめにこの表情を実践しましょう。

〈STEP.3〉

ストローを吸うイメージで唇を内側に
巻き込む
「ホ」の形をキープしたまま唇を内側に巻き込みます。呼吸は鼻から行いポーズをキープ。この時、口の中の歯は開いておきましょう。これだけでも立派なたるみケアのトレーニング。

わからない人は…

人差し指を思い切り吸い込むイメージで
唇の前に人差し指をもってきて、思い切り吸い込むと基本のポーズになります。目尻を上げるように鼻から吸うと目尻と唇が引き合ってストレッチしやすくなります。唇を横に引っ張ると逆にたるみの原因になるので注意。

次ページ
たるみ毛穴ケア編