【簡単だから続けやすい!】 顔まわりの筋肉をゆるめてシワ・たるみを解消!

顔のまわりには、顔を動かす表情筋やあごの骨を動かす咬筋などさまざまな筋肉が張り巡らされており、筋肉が柔軟でないとリンパの流れが悪くなり、シワやたるみが加速します。若々しい素肌を目指すなら、木村先生直伝のゆるめるケアで筋肉から整えましょう。

リンパケアトレーナー
木村 友泉 ゆうみ 先生

薬剤師・LHJ代表。顎関節症治療から考案された、さとう式リンパケアに出合い、開眼。考案した独自メソッドは、国内外で注目されている。著書「リンパケア革命」(主婦の友社)。

その後のケアのためにまずはコレ
【準備編】 “ゆるめる耳たぶ回し”

耳たぶのつけ根周辺は頭部のリンパが合流するリンパ節が集中し、まるでリンパが流れるスイッチのような部分。ここをまずケアしておくと顔はもちろん、全身が変わります。

\ S t a r t /

1. 腕を振って首~肩をゆるめる

斜め上を向き、腕の力を抜いて立ち、親指を中心に外側に向かって腕を回します。手首だけ回さないように注意。首から肩まで振動を伝えてゆるめます(8回)。

2. フェザータッチで耳たぶをくるくる

耳たぶのつけ根を軽くつまみ、ごくごく弱めの力で後ろにくるくる回します。斜め上を向き、口を開き気味で行うと振動が伝わりやすくなります(8回×2セット)。

3. 下あごを前に突き出す

斜め上を向き、耳たぶをつかんだ状態のまま下あごを「イー」と前に突き出します。口が横に広がらないように注意しましょう。

4. 口をぐっと大きく開ける

3の状態から、思いきり口を「アー」と大きく開きます。この時、下を向かないように注意。しっかりと口を開きましょう。

5. 舌を思いきり「ベー」と出す

最後に大きく口を開き、「べー」と舌を下に突き出します。舌を根本から前に出すようなイメージで、できる限り伸ばしましょう。

\ 試してみました!/

体がポカポカ温かくなって、巡りが良くなった気がします!
編集K
次ページ
肌がぐんと若返る
スキンケアメソッド