6月に進行する“隠れ乾燥”にご注意!

【気づいていますか?】
毛穴の目立ちやキメの乱れは老化のサイン!

暑い夏は汗や皮脂で肌がベタつくせいか、保湿ケアを疎かにしがちです。でもちょっと待って!

一見、うるおって整っているように感じても、実は肌トラブルが進行している可能性大! その原因と対策を探ります。

意外と気づいていない人が多い!
隠れ乾燥チェック
  • □ 洗顔後、肌のつっぱりやゴワつきを感じる
  • □ 汗や皮脂=肌がうるおっていると感じている
  • □ 暑いと、ついついスキンケアを怠りがち
  • □ 毛穴が目立つ
  • □ ほうれい線が目立つ
  • □ 肌にツヤがない
  • □ ファンデーションが崩れると毛穴落ちする
  • □ 冷房がきいた室内で過ごすことが多い
  • □ 外出しない日は、日焼け止めを塗らず、
    すっぴんで過ごしている

上記のチェック項目が
1つでも当てはまった人は要注意!
気づかないうちに、
肌の乾燥が進行している可能性大です。

保湿ケアを怠りがちな初夏、いつものスキンケアを見直しましょう!

じめじめとした高温多湿の日が続く6月。肌表面がベタついたり、テカったりで、一見うるおっているように感じてしまいがちですが、その正体のほとんどは汗や皮脂。

それらをうるおいと勘違いして保湿ケアを疎かにすると乾燥が進行し、毛穴の目立ちやキメの乱れに繋がるから要注意。

この時季急激に増える紫外線量などの影響で、実は肌はとても乾燥しやすくなっています。保湿ケアが不足していると、外的刺激から肌を守るために皮脂を過剰に分泌して、なんとかうるおいをキープしようと頑張ります。

それに気づかず、「暑い時季はさっぱりとした化粧水だけ」、「量はいつもの半分」などとお手入れを怠ると、肌の水分が蒸発しやすいインナードライ状態に!

「洗顔後の肌がゴワつく」「メイクのりが悪い」と感じたら、それは今のお手入れでは十分ではないということ。いつものケアに、不足しがちなアイテムやケアを追加してあげることが必要です。

さらにこの時季は、紫外線やエアコンも肌の乾燥スピードに拍車をかける要因。日焼け止めを塗るのはもちろん、水を飲むなど、体の内側からの水分補給も心がけましょう。

乾燥を放置したままにすると、たるみやシワなどのトラブルがあっという間に現れることも!
早め早めのケアで、若々しい肌をいつまでもキープしましょう。

【肌診断結果でわかった!】気づかないうちに進行するキメの乱れや毛穴の目立ち

見た目だけではわからない、肌の状態を測定する肌診断をドクターシーラボ社員3名が実施。
3名とも水分量などの数値は高いものの、左右の差もあり毛穴目立ちも進んでいることに驚きです!


右頬に部分的な乾燥があり、毛穴の凹み目立つ傾向に!

ドクターシーラボ 通信販売部 伊橋夕子(32歳)

●伊橋夕子(32歳)

【肌年齢】右顔 25.2歳 左顔 21.9歳 

【肌診断結果】
角層水分量や、バリア機能の働きがわかる経皮水分蒸散量、いずれも問題ない数値でうるおっています。左頬はキメが流れず、形がしっかり保たれており、比較的状態のいい肌です。ただ右頬は部分的に乾燥が見られ、乾燥部位ではキメの流れと同時に毛穴の凹みが目立ちやすくなっています。

部分的にキメの流れが見られ、 毛穴の目立ちが進行中!

ドクターシーラボ 通信販売部 松澤加織(41歳)

●松澤加織(41歳)

【肌年齢】右顔 36.3歳 左顔 38.5歳 

【肌診断結果】
角層水分量や、バリア機能の働きがわかる経皮水分蒸散量、ともに良好な数値です。右頬には乾燥による皮丘のしぼみやキメの流れが部分的に見られ左頬の毛穴周辺はすり鉢状に凹んでいる状態が散見されます。その結果、右頬よりも毛穴の目立ちが進行しているように見えます。


部分的な乾燥によるキメの流れが確認されました!

ドクターシーラボ 財務部 柳岡美登利(46歳)

●柳岡美登利(46歳)

【肌年齢】右顔 41.1歳 左顔 43.4歳 

【肌診断結果】
角層水分量や、バリア機能の働きがわかる経皮水分蒸散量、ともに良好な数値です。写真内にある紫色の点は毛穴目立ちの状態を示したもの。頬の下半分の毛穴が比較的目立ちやすい状態だということがわかります。また、縦方向へのキメの流れが見受けられ、部分的な乾燥がうかがえます。

年齢に関係なく2週間の保湿ケアで若々しい肌が目指せます

ドクターシーラボ 研究開発部長
林田 元治

美容・化粧品に関する研究開発を30年以上行っているプロフェッショナル。

一般的に肌は加齢とともに衰えると思いがちですが、十分な保湿ケアをしていると、年齢に関係なく水分量や皮脂量などに良好な結果が出ます。

つまり肌は、日頃のスキンケアをいかにきちんと行っているかが現れやすいものです。前ページの乾燥チェックで1個でもチェックがある人は、今のお手入れではうるおいが足りていないサイン。うるおい不足が進行するとキメが乱れ、肌トラブルにつながります。夏だからと油断せず、たっぷり保湿することが大切です。

また、顔の部位によっても肌状態は異なるので、特に乾燥している部位は、重ねづけするなどの工夫を。

さらに、コラーゲンやビタミンCなども上手に取り入れながら、うるおうハリ肌を目指しましょう。