きのこ、こんにゃく、海藻、寒天
ローカロリー食材を活用したレシピで、健康で美しくダイエット!

健康通信 4月号

食事制限なし、ストレスフリーの健康ダイエット

夏に向けてダイエットを始めたい季節になってきました。
ダイエットと言えば、カロリーを制限した食事が基本。
しかし、やみくもに食事を減らしたり抜いたりすると、栄養不足や健康を害したり、肌あれの原因にもなります。
そこで、低カロリーにも関わらず栄養が摂れるスーパー・ローカロリー食材を活用してみましょう。
きのこ、こんにゃく、海藻、寒天などを肉や麺の代わりに使うと、同じメニューでも総摂取カロリーを抑えることができ、極端な栄養不足になる危険性も防ぐことができます。
おいしくて、しかもボリュームたっぷりなので満足感も大。食事制限をしなくてもいいから、ストレスもありません。
おなじみのスーパー・ローカロリー食材を賢く活用して、食事を楽しみながら、美しく健康的なダイエットを始めましょう。

レシピ&料理制作/タカコ ナカムラ ホールフードスクール

ダイエット時に積極的に摂りたい、スーパー・ローカロリー食材

ほとんどカロリーがないけれど、栄養があるスーパー・ローカロリー食材は、ダイエット時の頼もしい味方。
その特徴を知って、効果的にメニューに活用しましょう。

海藻類

海藻類には、のり、あおさ、昆布、わかめ、ひじき、もずく、てんぐさなどがあります。
成分は少しずつ違いますが、海で育つため、カルシウム、カリウム、ヨウ素などのミネラルを多く含みます。
海藻の一種、てんぐさから作られる寒天は、食用のゲルの材料として使われるポピュラーな食材です。
ゼラチンが牛や豚から作られる動物性であるのに対し、寒天は植物の海藻から作られるため、1食分2gあたり1kcalにも満たないほど低カロリー。
よくお菓子作りに使用されますが、普段の料理にも活用したい食材です。

きのこ類

比較的安価で、一年中手に入るきのこ類。
100gあたりのカロリーは、舞茸16kcal、しめじ18kcal、えのき茸22kcal、しいたけ18kcal、マッシュルーム11kcal、エリンギ24kcal、きくらげ(水で戻したもの)14kcalとローカロリーでダイエットにもぴったり。
食物繊維ミネラル、ビタミン類を含みますが、ビタミン類はきのこの種類によって含有量がかなり異なります。
さまざまな種類のきのこを組み合わせるのもおすすめです。

こんにゃく

こんにゃくはサトイモ科の植物から作られる食品。
1枚300gあたり21kcalとかなりローカロリー。
96%が水分で、水溶性食物繊維、セラミド、カルシウムと呼ばれる多糖類を多く含みます。
この成分はほとんど消化されないため、カロリーが低くなるのです。
こんにゃくがダイエット食品の代名詞のように言われるのもこのため。
しらたきは、こんにゃくを細い糸状にしたもので、ほとんど成分は同じ。
最近ではこんにゃくの成分を混ぜ込み、カロリーを抑えた麺やご飯などの加工食品も登場しています。

もっと見る