栄養とおいしさが凝縮された手軽な食材
美容と健康に、
魚介の缶詰レシピ20

健康通信 7月号

栄養も美味しさもぎゅっと詰まった
缶詰で毎日を美味しく!

缶詰の食材が注目を集めています。
特に注目したいのが魚介類。
足の早い魚介類を新鮮な状態で常備するのは難しいことです。
さらに、下処理の手間も現代人の”魚介離れ”の理由のひとつでしょう。
魚介類が体にいいのはわかっている。
もっと食べた方がいい。でも・・・。
そうしたジレンマから解放してくれるのが「缶詰」です。
缶詰は長期保存ができて、使いたいときに使えるのが最大のメリット。
面倒な下処理もいりません。しかも生で買うよりもずっと経済的。
特に水煮の缶詰は、素材の栄養とおいしさがぎゅっと凝縮され、汁ごと活用できる、とても優れた食材です。
よいことづくめの魚介の缶詰レシピで、毎日健康で美しく!

レシピ&料理制作/タカコ ナカムラ ホールフードスクール

栄養価に優れた、
魚介の缶詰おすすめ5選

栄養価が高く、日頃から積極的に摂りたい魚介の缶詰をセレクト。
汁ごと使えるため、料理が簡単においしく出来上がります。

さば

血液をさらさらにする効果やダイエット効果が期待できるEPA(エイコサペンタエン酸)やDHA(ドコサヘキサエン酸)などの不飽和脂肪酸、さらにカルシウムの吸収をサポートするビタミンDを豊富に含むさばは、積極的に摂りたい青魚ですが、足が早いのが難点。
缶詰ならそうした心配も不要。
そのまま使ったり、ペーストにするなど扱いも簡単です。
健康や美容、ダイエット効果もある、おすすめナンバーワンの魚介缶詰です。

さけ

良質なタンパク質に加え、EPAやDHAを含むさけ。
代謝を促すビタミンB群やカルシウムの吸収をよくするビタミンDも多く含みます。
さらに、特筆すべきは抗酸化力が高いビタミンEの含有量が多いこと。
さらにさけに含まれる天然色素も、活性酸素を除去する働きがあると言われています。
アンチエイジングを気にかける人におすすめしたい食材です。

あさり

貧血に効果がある鉄分と、ビタミンB12をバランスよく含むあさりは、女性に嬉しい貝類の代表です。
あさりの旨み成分であるタウリンは、血液をサラサラにする効果があるので、成人病が気になる人にもおすすめ。
また必須ミネラルの亜鉛は、新陳代謝に影響するため、美肌や美髪のために積極的に摂りたいものです。

いわし

いわしはさばと同様、EPAやDHAの含有量が多く、それらをバランスよく含みます。
カルシウムが多いうえ、カルシウムの吸収を助けるビタミンDを含むため、効率よくカルシウムを吸収できるところが魅力。
ビタミンB群も多く含み、中でもビタミンB2は過酸化脂質の分解を助けるため、ダイエットや肥満防止などの働きがあり、注目されている魚です。

ホタテ

ホタテは脳の機能を活性化するグルタミン酸、イライラを防止するカルシウム、老化を防ぐ抗酸化効果の高いビタミンE、糖質の代謝を助け、ダイエット効果もあるビタミンB2、貧血予防になる鉄分などをバランスよく含みます。
健康はもちろんのこと、美容効果も期待できるため女性に嬉しい食材です。
最近ではホタテに含まれる糖タンパク質に制ガン作用があると言われ、注目されています。

もっと見る