知らないと損をする!! 毛穴であなたのたるみレベルがわかります!

たかが毛穴、されど毛穴。
毛穴は、今の肌状態を表すバロメーター。
毛穴状態によって、肌の衰え具合がわかります。
年齢不詳の美肌を目指し、自分の毛穴と向き合って適切なケアを行いましょう。

20代で深刻化する毛穴のたるみは年齢肌の危険信号

「25歳はお肌の曲がり角と言いますが、実際、この年代から多くの女性が肌に何らかの変化を感じているのではないでしょうか?
その変化の中でも顕著なのが〝毛穴〟。

10代の頃は毛穴の悩みと言えば皮脂によるTゾーンなどの黒ずみだったものが、20代半ば過ぎ頃からは頬などの毛穴がぽっかり広がって見えるようになり、それがさらに進行すると縦方向に伸びた「たるみ毛穴」に。

これは毛穴の開きが、肌のたるみと密接にかかわっているからです。

肌がハリ・弾力を失うことで毛穴が広がり、存在感を増していくために、たるみ毛穴が目立つ人ほど老け顔に見えてしまう。
まさに「たるみ毛穴」は、年齢肌の危険信号のようなものです。

そんな悩ましいたるみ毛穴の原因のひとつが、肌のコラーゲン量の低下。
肌のハリ・弾力に欠かせないコラーゲンは、実は20歳を境に急激に減少します(グラフ参照)。

そのため肌のハリ・弾力が徐々に失われることはもちろんですが、それだけでなくコラーゲン量の低下は乾燥の原因にも。
肌内の水分は、コラーゲン線維がピンと張って肌内の構造を保ち、そこをヒアルロン酸が満たすことで保たれています。

つまり、コラーゲン量が低下するとヒアルロン酸も減少し、肌は乾燥状態に。
するとターンオーバーが乱れ、角質が肥厚するため、肌表面のキメは乱れ、毛穴が目立ちやすくなります。

またコラーゲンは、加齢や紫外線などの影響で量だけでなく質も低下。
肌の土台を支える力が弱まり、どんどんたるみ毛穴が深刻になるので少しでも早く手を打つことが肝心です。

そこでたるみ毛穴対策としてまず始めたいのは、角質ケアと保湿ケアのふたつ。
乾燥して溜まってしまった古い角質を取り除き、コラーゲンやヒアルロン酸などの低下でうるおいが不足した角層にたっぷりと水分を与えてしっかり保湿することが大切です。
こうして肌状態を整えておけば、若々しいハリのある肌に。さらに早くから毛穴ケアをしておくと、もっと年齢を重ねた時のたるみ方にも差が出ます。

今はもちろん、未来の肌のために早速毛穴ケアを始めましょう」

撮影/鈴木希代江(内山事務所)
メイク/新見千晶