皮膚科医が語る衝撃の美肌新常識 ビタミンCは肌に浸透しない!?

「ビタミンCは肌や体に良い」ということは、誰でも知っています。

けれど、残念ながらそのままの形では、その能力をほとんど発揮できないということをご存知ですか?

もしかしたら、今まで使っていた、もしくは飲んでいたビタミンCは無駄だったかもしれない。
長年、皮膚科学と向き合ってきた専門家だからこそ知っている真実を、今、明かします。

ビタミンCは、万能かつ優秀な成分。
しかし! そのまま塗っても
ほとんど浸透しません!

“美肌ビタミン”として有名なビタミンCは、シミやくすみ、ニキビ、毛穴、たるみなど、あらゆる肌トラブルに効果を発揮するだけでなく、疲れを和らげたり、風邪などの病気を防ぐなど、健康な体を保つために大切な栄養素です。

そんなマルチな効果を支えているのが、ビタミンCの抗酸化作用。
紫外線やストレスなどにより発生する有害な “活性酸素”を除去する働きがあるため、さまざまな美容・健康効果を発揮します。

ただ、ビタミンCは人間の体内で合成することができません。ですから、体外から取り入れる必要があるのです。

このような特徴から化粧品に配合されるようになったビタミンCですが、肌には異物の侵入を防ぐバリア機能があり、ビタミンCをそのまま塗ってもほとんど浸透しません。
またビタミンCそのものも不安定な性質を持ち、熱や空気に触れるとすぐに酸化してしまうという難点があります。

そこで開発されたのがビタミンCに別の物質を結合させた”ビタミンC誘導体”です。
肌に塗ったあと、肌が持つ酵素によってビタミンCに変化するため、肌の奥まで届くようになるのです。