キレイになるのにお金や手間はいりません!

キレイになるのにお金や手間はいりません!の記事画像

“ながらエステ”できるから忙しくてもキレイを諦めない

キレイになるのにお金や手間はいりません!の記事画像

「家事や仕事に追われる女性の多くから自分のための時間が取れず、キレイになることを諦めているという声を耳にします。そんな忙しい方でも行えるようにと考案したのが“セルフエステ”です。

どこかに出向く必要もなく、新たな道具も不要。お風呂に入るついでや普段のスキンケアのついでなどに行なえる“ながらエステ”が可能です。

ただ行う際は、“キレイになる”という意識を持って肌に触れることが大切。ほんの数分、自分の肌に向き合って行うことで思っている以上に手応えがあります。

面倒な時は無理することはないですが、できれば毎日の習慣にしてみましょう。年齢に関わらず、続けることで結果は必ずついてきます」

\出口アヤ先生からのスペシャルコメント!/

今すぐ始められるセルフエステなら
見た目年齢マイナス5歳も夢じゃない!

“老け顔ゾーン”を攻略すれば短期間で若見え

3分間で、この女性が
こんなに変わった理由とは!?


キレイになるのにお金や手間はいりません!の記事画像

上2枚の写真、同じ女性なのに左の方が凛として若々しく見えませんか? これがセルフエステの力です。

「シワやたるみといったエイジングサインもセルフエステで解決できます。顔には表情筋という表情を作る筋肉があり、この筋肉が衰えて硬くなり、重力で引っ張られることでシワやたるみは起こります。人により悩みの現れ方はさまざまですが、特に老け顔に見えるのが顔の下半分の変化。実は目元のシワよりも、口元のほうれい線やマリオネットライン、フェイスラインのたるみのほうが見た目に与える影響は大です。

ですからまず変わった、という実感を得たい方は、“老け顔ゾーン”から集中的にケアしてみるのがおすすめ。セルフエステでは、マッサージして表情筋をほぐしながらリンパの流れを整えるので効率的にケアでき、手軽にマイナス5歳肌が目指せます。

特に自宅で過ごす時間が増えそうなこのゴールデンウイークは、他人との会話が減り、表情筋の衰えが進む可能性も。それを防ぐためにも、この機会にセルフエステを始めてみてはいかがでしょう」(出口先生)

早速セルフエステを試して、休暇明けはキレイになった自分を自慢しましょう。

簡単、誰でもできる!
セルフエステはこれを覚えておけばOK

“ながら”でできるセルフエステは初心者でも簡単。
次の3つのポイントを覚えておけば誰でも気軽に始められます。

1.マッサージはしっかり表情筋を感じながら行う

効かせたい部分の表情筋に触れ、“肌をいたわっている”という意識を持ちながらマッサージは行いましょう。今回のように短期間で若見えしたい場合は、“老け顔ゾーン”に関係する頬から口元、首元などの表情筋をほぐしていくと結果が出やすくなります(下写真)。

キレイになるのにお金や手間はいりません!の記事画像

2.肌への負担は厳禁!すべりをよくするゲルはたっぷりと

マッサージは、指すべりを良くするゲルやオイルをつけてから。ゲルの場合、顔全体からデコルテにさくらんぼ1粒大を伸ばし、さらに首元にパール1粒大をプラス。すべりが悪くなったら追加しましょう。

キレイになるのにお金や手間はいりません!の記事画像

\使ったのはコレ!/

アクアコラーゲンゲル
エンリッチリフトEX
ドクターシーラボ公式オンラインショップで購入
※ 他のゲルやオイルなども使えます。

3.3つの基本の指の形を覚えよう

“手で触れること”を重視するセルフエステに道具は不要。多少アレンジして使うことはあるものの、まずは3つの指の形を覚えておきましょう。

カギの手

人差し指をカギ型に曲げて主に細かい部分に使用。広い部分は人差し指と中指、人差し指と親指を曲げても使います。

キレイになるのにお金や手間はいりません!の記事画像

パーの手

人差し指~小指をつけ、面のようになった手のひら、指の腹、手根(手のひらと手首のつけ根のふくらんだ部分)などを使います。

キレイになるのにお金や手間はいりません!の記事画像

チョキの手

手で“チョキ”の形を作ったら、人差し指と中指を第2関節から曲げます。曲げた2本の指の間を使ってリンパを流します。

キレイになるのにお金や手間はいりません!の記事画像
次ページ
ー5歳を作るセルフエステ5ステップ