“欠け”を消すほど幸せが訪れる!2020年目指すべきはパーンッとしたゆで卵肌

“欠け”を消すほど幸せが訪れる!2020年目指すべきはパーンッとしたゆで卵肌の記事画像
李朝風水師
李家 りのいえ 幽竹 ゆうちく 先生

李王朝の王家のための風水の知識を継ぐ家に生まれた19代目風水師。風水の正しい知識を継承しながら、女性らしい感性を組み合わせたアドバイスで、テレビや雑誌、講演など多方面で活躍中。現在までに出版した書籍は200冊を超える。近著に「2020年版 李家幽竹の幸せ風水」(世界文化社)など。
https://yuchiku.com

ごんの気”を持ち、豊かさや充実感に満たされることで幸運が訪れるという2020年。肌を褒められると喜びを感じるように、女性にとってスキンケアは最も身近な開運行動のひとつとなります。李家幽竹りのいえゆうちく先生が教えるポイントを押さえて、幸せを呼び込む肌を手に入れましょう。

幸せになりたいならリフトケア※1は必須!

2020年、スキンケアで幸運をつかむためには、まず自分の肌と向き合うことが必要。その理由を李家先生は次のように話します。

「“金の気”は丸い形をしており、ぐるぐる回って循環することで良い気を生み出して増幅させます。ところが丸に“欠け”ができると回転がストップし、運気が回らなくなります。これを肌に置き換えると、毛穴※2やシワといったいわゆる肌の“溝”が“欠け”に相当。中でもハリ不足によるゆるみ※3は、肌表面がぼこぼこし、重力で皮膚が下がってしまうため“丸”からかけ離れてしまいます。ですから自分の肌としっかり向き合ってトラブルを放置せず、なめらかな状態に整えていくことが肝心です。
特に“丸”のイメージに少しでも近づけるよう、いつも以上にリフトケア※1に力を入れて。そして“欠け”とは無縁のぷるんとした、うるおいに満ちた“ゆで卵”のようなハリツヤ肌を目指しましょう。また目標となる“なりたい自分”を決め、それを達成することで充実感を得ながらケアするのも運気アップの秘訣です」

エイジングへの不安は前向きに乗り切って

スキンケアするうえでは、形のない不安を持たないことも大切とか。

「年齢を重ねると漠然とした不安を抱きやすく、女性の場合は“老い”に対する不安がそのひとつ。鏡を見て“自分の顔が嫌”とか、せっかくお手入れをしていても“どうせ効果が出にくい、ケアしても意味がない…”などと負の感情に囚われてしまうと運が落ちてしまいます。不安ならそれを打ち消す手段を探し、喜びを感じられるようにすることが大事です。そのためには、開運につながる行動を日々のスキンケアに取り入れていくこと。行動により環境が整えば望む未来がきっと手に入ります」

満ち足りた自分を作り幸運が訪れるように、次の3つのステップをスキンケアに取り入れてみましょう。

“幸せ”リフトケア※1を叶える3つのStep

  • マッサージで巡りを高めて“循環”のいい肌に
  • 年齢肌※4にはワンランク上の美容成分を“補充”
  • 心も肌も満たす先端スキンケアで“充実”の毎日を

“「欠け」だらけの肌には運が来ない!
ハリとうるおいが幸運をつかむ鍵です”

李家幽竹

少し意識するだけで
幸せが加速します!

笑う門には福来る。できるだけ笑顔を心がけて

“金の気”は、笑顔でいる人、楽しそうな人のところに集まってきます。悲しい時に笑う必要はないけれど、できるだけにこやかな表情でいるようにしましょう。

見えないところから発生する
金毒ごんどく”のもとを断つ

運気を下げる“金毒”は見えないところで繁殖します。ドレッサーが汚れていたり、汚いパフを使い続けるのはNG。除菌と掃除を心がけましょう。

※1 ハリを与えるケア ※2 肌をうるおいで満たしキメを整えること ※3 肌にハリのない状態 ※4 年齢に応じた肌状態、乾燥、ハリのなさなど
李家幽竹先生がおすすめする3つのステップ